お墓のこと Q&A お墓を建てようとお考えの方、ご一読ください。

お墓を建てるタイミングってあるんですか?
いつ建てなければいけないということが決まっている訳ではありません。年忌法要等に併せて依頼される方が多いようです。
特に仏様がいらっしゃる場合、一周忌までに建てるのが一般的とされています。
石材加工から基礎工事、据付けまでの工事期間も考慮して、ご検討されることをお勧めいたします。
今では生前に自分のお墓を建てる方も多くなり、その需要は増えています。
相続税や固定資産税の課税対象から外れていますので節税対策に検討している方も多くなっています。
お墓を建てた後にすることってあるんですか?
お墓が出来た後、魂入れの法要を行います。(開眼法要・入魂式等と言われます。)
この儀式をして執り行うことで、礼拝すべき容儀が整います。
お墓を建て直したり、移転させる場合の方法って?
お墓を建て直す際は、古い墓石の魂抜きの法要を実施・供養します。
その後建てた新しい墓石の設置後、上記の魂入れの法要を行います。
お墓の移転の場合は書類での手続きが必要となります。移転先の墓地・霊園より受入証明書、墓地がある市区町村役所(場)へ改葬許可申請書墓地管理者(寺院のご住職又はその他の管理者)の証明等の書類が必要となります。
それらを市町村役所に提出した後、受理されると改葬許可証が発行され移転可能となります。
お墓に使う石はどんな石?
お墓には硬質で風化に強い石が使用されます。よく使われるのは一般的に御影石(花崗岩)で、安山岩等も使われます。
お客様の好みや墓地等の状況により、様々な石を使用しています。
Q お墓を建てるまでの流れって?
①【お問い合わせ・お見積もり依頼】 まずはご連絡ください。石材のプロが真心を持って対応いたします。
②【お打ち合わせ】 ご要望/納期/ご予算/墓所住所等、お客様のご要望をお話しください。
③【設計・ご提案】  お見積・デザイン案・石種等をご提案いたします。
④【施 工】

その他、ご質問等がございましたら、下記電話番号よりお問合せください。